バイナリーオプション比較ぐるー

私が利用しているバイナリーオプション業者について

海外のバイナリーオプション業者は怖いと考える人が多いですが、私は海外のバイナリーオプション業者を利用しています。確かに、万が一何らかのトラブルが発生してしまうようなことがあった場合、日本語で問い合わせをすることができないという問題がありますが、業者選びを慎重に行うようにすれば、回避できる問題だと思っています。そもそも海外業者に限らず、バイナリーオプション業者の中には時折とても怪しげな業者が存在しているのは事実です。インターネットを介しての取引ということになりますので、会社の実態を確認することができないというデメリットがあります。詐欺まがいの業者に引っかかってしまいたくないのであれば、とにかく知名度が高い業者を利用するようにするのが一番です。時折ペイアウト倍率がとても高くなっている業者がいますが、名前を聞いたことがないような業者である場合は、注意した方がいいと思います。
 私は、イギリスのバイナリーオプション業者を利用しているのですが、これまで何のトラブルもなく、快適に取引を続けることができています。なぜその業者を利用しているのかというと、まず第一の理由として世界的に名の知れた業者だったという点をあげることができます。先程述べたような理由で、とにかく知名度が高い業者を選ぶようにしました。その業者はペイアウト倍率はごく一般的なレベルなのですが、入金時のボーナスキャンペーンがとても魅力的でした。何と入金額の50%のボーナスがついたのです。私は初回に30万円を入金したのですが、15万円のボーナスがついたので、45万円分の取引をすることができました。おかげさまで、その時の投資は大当たりし、期待していた以上の利益をあげることができました。ボーナスをもらってしまうと、すぐには出金できなくなってしまうというデメリットがありますが、私は余剰資金をバイナリーオプションに回していたので、急いで出金する必要がありませんでした。その後も順調に勝ちを取ることができていますので、当分はこの業者を利用し続けようと考えています。

 

 

FXの新規申し込みの審査基準と電話番号の正確性

 

システムトレードで稼ぐためのFX売買の為には、まずは所定の口座を作る事になります。そして口座作成の際に、金融会社による様々な確認作業が発生するのです。
そもそも金融会社としては、申込者の様々な状況を確認したいと思っています。果たして投資を行っても問題無い人物なのかどうか等を、申込みデータで確認している訳ですね。
金融会社が確認をした結果特に問題がなければ、口座を作れる事になります。逆に何か問題が発覚した時には、それがお断りになってしまう事もあるのです。
では何を基準に確認をしているかと申しますと、その1つが電話番号なのですね。電話番号とは、申込み者本人と金融会社との間でやり取りができる電話を指します。
というのも金融会社は、何かの事情があって申込者に架け電をしたいと思う事があるのです。ところがその電話が、稀に不正な状況になっている事があります。使われていない番号が入力されているケースも、たまにあるようですね。
そのような時には、残念ながらお断りになってしまう事があります。なぜならその番号では本人と連絡をする事ができないので、金融会社としてはやはりお断りをせざるを得ないでしょう。
ちなみにどのような目的でその電話番号を用いるかと申しますと、主にリスク確認の為です。というのも申込み者の中には、ちょっとリスクの理解度が曖昧だと疑われる方もいらっしゃるのですね。本当にその外貨の商品のリスクを理解しているかどうかは、怪しい方も見られる訳です。その確認をするために、FXの会社の担当の方は電話をする事になります。しかしその電話番号が使われていなければ、もちろん金融会社としてはお断りをせざるを得ないでしょう。
ですのでこの金融商品の申込みをする時の電話番号は、必ず正しいものを入力するべきです。そうでないと落とされてしまう可能性があるからです。
ただFXで電話連絡をするのは、上記のリスク確認くらいですね。他の状況で金融会社から電話がかかってくるケースは、極めて稀です。基本的に新規申し込みのタイミングのみで、電話連絡が発生すると考えて良いでしょう。
参考:システムトレードで稼ぐ.com

 

FXのデモ口座で発生していた金利による利益で驚いた私

 

数ヶ月くらい前に、私はあるFXの会社でデモ口座を作りました。それで最近久しぶりに、その会社の口座にログインをしてみたのですね。その際に、驚愕してしまった事があります。思わぬ大きな利益が発生していたからです。
実は私は、ちょっと中長期的な売買スタイルを最近試しています。短期的な売買も悪くはないのですが、そろそろ資産を増やそうと考えているので、より無難な中長期的な売買が望ましいのではないかと思っているのですね。
その売買の方法を模索するために、最近デモのバージョンでの口座を作ってみたわけです。ちなみに私のやり方は、ほとんどの建玉が買いになります。いわゆる売り玉を保有するのではなく、基本的には買い玉による売買を目指すことになるのです。
思えば高金利な外貨での売買の時には、基本的には買い玉を保有する事になるでしょう。売り玉を保有してしまいますと、金利を支払う事になってしまうからです。
それである時に私はデモの口座で幾つかの買い玉を保有してみたのですが、それでしばらく放置してみたのですね。中長期的な売買スタイルになるので、基本的には放置をする事になるからです。
それで最近久しぶりにその業者の口座にログインしてみたのですが、驚いたのはその外貨による金利です。話には聞いていたのですが、金利によってかなりの利益が発生していたのですね。その金額の高さに、驚いてしまいました。ちなみに1ヶ月分くらいの複数の建玉の金利だったので、数万円相当になっていたのですね。
あれを見た時、私はスワップの金利も悪くないと思いました。オセアニアの外貨などは金利は比較的高めになっていますが、やはり悪くないと思いますね。ですので中長期的な売買スタイルは、大いにチャレンジしてみると良いと思います。
ただ上記の私のように口座を放置してしまうのは、正直あまり良くないでしょう。たまにログインをして口座の状況を確認する事も、必要だと考えます。何が起きるか分からない一面があるのが、FXだからです。時には口座の状況を監視して、問題無いかどうかをチェックする事も必要でしょう。

最近のチャートは、昔に比べるとだいぶ変化したものだと思います。なぜなら最近のそのツールは、未来の予測ができるものもあるからです。
私たちがFXで売買をする以上、どうしても将来的な予測などが必要になります。この後外貨がどのような動きになるかは、頭で色々とイメージを描く事も多いでしょう。そのイメージをするために様々な分析が必要になるのですが、昨今の金融会社が提供しているチャートの場合、それがとても容易になっているのですね。なぜなら、自動的に形を予想をしてくれるチャートがあるからです。
例えばある有名な金融会社が提供しているチャートの場合、未来の形が同時されます。例えば「この後のチャートの形は右肩上がりになるだろう」などと視覚的に表示されるのです。もちろん右肩下がりなどと表示される事もあります。そうかと思えば、V字型になる見込みが高いと表示される事もあります。
そのようなチャートは、昔はなかったのです。以前に比べれば、随分と進歩したものだと思います。
ちなみになぜそのような事ができるかと申しますと、過去のデータベースを用いているのだそうです。そもそも外貨の金額は、必ずデータベースで記録されているのですね。そのデータベースから必要な情報を拾い上げる事によって、上記のような未来予測のツールを提供する事ができるのだそうです。10年くらい前では、およそ考えられなかったツールですね。
そして上記のツールがとても便利な事だけは、確実でしょう。何せ外貨の先々の値動きを予想しなければならない事が多いだけに、それを手軽に行う事ができるのは非常に便利だと考えます。
ただしそのツールも、百発百中ではありません。基本的にはかなり高確率で的中するようになっているようなのですが、それでも100%ではないようなのですね。
ですのでそのツールを使うにしても、必ずリスク対策などは考える事は必要でしょう。そのツールによる予測が外れた時の事を考えるのも大切です。

続きを読む≫ 2015/07/15 11:59:15

世界には様々な国々がありますが、積極的な投資を行っている方はとても多いです。もちろん日本人の方々も、その投資を行っているケースが多々あります。
FXもその1つですね。最近は日本のサラリーマンの方々が、その外貨の商品に興味を抱いている事も多いようです。
そして前述のように世界には色々な国があるので、それは他国でも同様なのです。つまり海外の国々でも、その外貨の商品による売買が積極的に行われている訳です。
そしてその商品を提供している会社は、日本国内だけではありません。アメリカやイギリスにある業者なども、その商品を取り扱っているのですね。海外FXと呼ばれることもあります。
ところで国内と海外には大きな違いが1つあって、ネットが必須になるか否かです。日本の方々が海外の会社を利用するとなると、まず間違いなくネットが必須になるでしょう。
それには複数の理由がありますが、まず口座作成です。その外貨を用いる商品で売買を行うためには、日本でも海外でも必ず所定の口座を作る必要があります。その方法は、海外の場合はWEB限定になるのですね。紙媒体などを用いて、口座を作る事はできません。
ところが日本の場合は、紙媒体で作る事は可能なのです。なぜなら日本の業者には、資料請求というシステムがあります。ですので電話で資料などを送ってもらって、紙媒体の申込み書で口座を作っている方もいらっしゃるのです。
また売買も同様です。海外の業者を通じて注文をするとなると、まず間違いなくWEB限定になります。電話注文をする事ができないからです。ところが日本の一部の会社は、対面取引という方法で注文を承っているのですね。いわゆる電話注文が可能な日本の会社も、中にはある訳です。
また入金をするためにも、海外ではWEB限定になります。基本的には銀行のネット口座などを用いて、入金処理を行わなければなりません。しかし日本の場合は、街で見かけるATMなどで入金処理をする事もできるのですね。
つまり海外の場合は必ずネットが必要で、日本の場合はそれ以外の方法でも問題無い事がある訳です。それが海外と日本のFXの主な違いの1つと言えるでしょう。

続きを読む≫ 2015/07/15 11:59:15

投資は、天気と大きな関係があるとの意見があります。それは、主に人間の心理的な問題と関連しているのです。
ある方が、投資に関して興味深いことを話していました。雨天日などが、ちょっと投資商品の注文件数などが少なくなりがちなのだそうです。
雨天日になりますと、一般的に人間の気持ちは沈みがちです。晴れている日は気持ちが明るいのですが、雨が降ると何となく気持ちが沈んでしまう事が多いので、それが売買の件数にも大きく影響してくるようですね。それは本当に無意識の内に発生するのだそうです。
自分では「天気などは投資とあまり関係ない」と思い込んでいても、無意識の内に売買を控える事が多いのだそうです。確かに雨が降っている日は、何となく気が乗らない事も多いですね。それで東京に雨が降りますと、株式投資の売買件数なども少なくなる事が多いと言われています。
ではそれはFXとも関係あるかと申しますと、全く無関係ではないでしょう。ただその影響度は小さいと考えられます。
まず株式投資の売買件数は、FXと無関係ではないのですね。日経平均株価の動きなどが、クロス円の動きと連動している事も多いでしょう。そして前述のように雨が降った日は株の注文件数が減る傾向があるので、日経平均株価などが余り動かない事もあります。となると、クロス円があまり動かなくなる訳ですね。ですので雨とFXは、全くの無関係ではないと考えられます。
しかし前述のようにその影響度は小さく、そもそもマーケットは世界中にあるからです。その金融商品で売買を行っているのは、日本だけではありません。アメリカやヨーロッパ諸国などでも積極的に売買が行われていますが、そもそもそれらの国の天候は日本とは異なりますね。日本では雨が降っていても、アメリカやヨーロッパは晴天になっている事も多々あるでしょう。
ですのでFXに対する雨による影響は、かなり小さいと考えられます。ただ株との因果関係を考えれば、やはり全くの無関係ではないとも思う次第です。

続きを読む≫ 2015/07/15 11:59:15

生きていくうえでお金は必要です。何をするにもお金が必要だからです。食べるためにも、住むためにもお金がかかります。生活する、という事はお金を使う事だと言えます。社会人として働いていても、お金に困ることはあります。突然の出費が必要になった場合です。しかし、給料は事情に合わせて増える事はありません。また、リーマンショックのようなことが起きれば首を切られてしまうかもしれない、という恐怖もあります。お金に困っている時に友人に教えてもらったのがバイナリーオプションです。最初は不安でしたが、私が最も魅力に感じたことはリスクをコントロールできる点でした。投資といえば、損失を出して借金が発生する、という事が怖くて手を出せずにいたのですが、これは違いました。バイナリーオプションは最初に最大損失額を設定できるため、最大損失額を超える損失は出ません。ですから、最悪の事態になったとしても借金の危険性はほぼありません。そういった安心感が私を決意させてくれました。詳しく内容を聞いていくと、非常に簡単なものでした。私は投資に関する知識も経済に関する知識もほぼ持っていませんでした。しかし、そんな私でも簡単に行う事が出来ました。理由は二者択一の操作をするだけだったからです。バイナリーオプションとは、価格が上がるか下がるかを予想して入力するだけの投資です。知識があれば勝率はもっと上がるのでしょうが、素人でも50%の勝率がある、という事です。損失額がコントロールでき、操作は簡単という事で私は教えてくれた友人に感謝しました。更に、バイナリーオプションは短期投資の形式なため、24時間以内に結果が出ます。知識がないので、長期的な思考も必要ではないため、普段の仕事にも集中できます。私はこのバイナリーオプションのおかげで、安心して預金を増やすことができました。今では急な出費におびえることなく、余裕をもって日々生活が出来ています。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:53:30

 私は現在3つのバイナリーオプション業者を利用して投資を行っています。これは、どのような方法で資産運用をする場合にも共通して言えることですが、投資先を1社だけにしてしまうと、損失が必要以上に大きく膨らんでしまう可能性があります。リスクを軽減するためには分散投資が一番だと思っていますので、3つの業者を利用するようにしています。
 とはいえ、私の場合は他に本業の仕事を持っていますので、投資の専門家というわけではありません。何となく予想が当たりそうだなという感触がある時に、その時々で一番条件が有利になっている業者を利用して投資するようにしています。どの業者も口座を開設するだけで手数料のようなコストが発生するわけではありませんから、これからバイナリーオプションを始めてみようと考えているのであれば、複数の業者に分散投資してみることをおすすめします。業者によって、1日の取引回数や購入上限額、スプレッド幅などがかなり大きく異なっています。取り扱っている通貨ペアの種類も業者によって様々になっていますので、複数の業者に口座を開設して、提供されているサービス内容をよく比較してみることが重要になってきます。
 実際に3つの業者を利用してみてしみじみと実感しているのですが、取引画面の使い勝手も業者によってかなり違っています。そんな理由で利用する業者を選んではいけないとは思うものの、画面操作が簡単な業者をついつい利用してしまっています。今までのところ、ちょこちょこと読みが外れてしまうこともありますが、3社の取引をトータルで考えると、うまく利益を出すことができています。なので、当分はこの方法でバイナリーオプションを続けていこうと考えています。
 バイナリーオプションのことをギャンブル性が高い怖い投資だと考えている人が少なくありませんが、当てずっぽうで投資するのではなく、自分でテクニカル分析やファンダメンタル分析をきちんと行った上でやるようにしている限り、立派な資産運用方法になると思っています。

続きを読む≫ 2015/06/30 12:52:30